2017年11月18日(土)浜離宮ホールでリサイタルほか

謹啓
皆様お変わりなくお元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。
私は
退職以来毎年秋に行っておりますリサイタル3年目に当たり、自分のDNAの本性を探るべく北欧に焦点を絞ることといたし、今回は浜離宮朝日ホールにおいて11月18日(土)の午後に「北欧プログラム」によるリサイタルを開催いたします。
今年がデンマークと日本との友好条約締結150周年というお祝いの年に当たりますので、その記念に同国の誇る作曲家ニールセンの作品を演奏いたします。また、自分の「ピアノの為の変奏曲」を再演し、私の父方の祖母の国、フィンランドのシベリウス、そしてノルウェイのグリ-グの作品を演奏いたします。
生粋のブロンドであった私の祖母、渡邉シーリが生まれた1890年(明治23年)は、シベリウスとニールセンが25歳、グリーグが47歳でした。ヘルシンキの国立音楽学校(現シベリウスアカデミー)に優秀な成績で在学していた18歳の時(1908年)に、キリスト教の勉強で留学していた2才年上の忠雄と結婚し、シベリウス、グリーグ等の楽譜を多く持参して長野県長池村(現在の岡谷市長地)の本家に嫁いできました。
その天性の美声で若い曉雄に祖国の歌を多く聴かせていたこと、当時のラジオJOAKに出演して歌ったこと、また多くの生徒さんを目黒区洗足の自宅で教えていたこと等々、父から話をたくさん聞いた次第です。
音楽家3代目の私の音楽的ルーツを探るこのリサイタルにご友人、ご家族の皆様方など、是非とも多数をお誘いあわせの上でのご来場を頂戴いたしたく、ここにチラシを添えてご案内申し上げます。

謹白

今年は12月8日(金)、9日(土)のサントリーホールにおける日本フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会に出演します。短いながら超難曲の八村義夫作曲「錯乱の論理」です。

私の父方の祖先の出身地、長野県諏訪群長地村、現在の下諏訪の隣、で第19回目となる「北欧音楽祭すわ」が行われており、そこで今年初めて10月8日(日)にリサイタルを行います。

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*