音楽の友誌12月号に略歴を間違って掲載されました!
第11回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール

MAIN – en.tchaikovsky-competition.net

ロシアの特別軍事作戦とコロナ禍、それに欧米による制裁により困難を極めた今回も、1次と2次予選はオンラインで開催されることが決定し、この10月23日から審査が開始されます。スイスのモントゥルーでの大会、カザフスタンの首都アスタナでの大会等で巡り会った様な、希有の大きな才能を持つ世界中の16歳までの若者たちの演奏に触れるのを今回も心から楽しみにしています。

10月22日宇都宮リサイタル
昔の生徒と、そのご子息

桐朋で昔に教え、卒業後に僕の母校の New England Conservatory に留学された旧姓;桂美智子さん(写真中央)がカティーンこと角野隼斗さんのお母様で、昨晩初めて生演奏に接し本当に素晴らしかったので、終演後のサントリーホール楽屋で撮影された写真を掲載しました。演奏された曲はトーマス・アデスというイギリス人の「ピアノとオーケストラのための協奏曲」(日本初演)。この6月に楽譜を貰ったと言っていたので、わずか4ヶ月で弾ききったことになる。その間にポーランドのオケと11回の公演があったというのだから、超多忙な中での大変な能力と感心した次第。新時代は我々の想像をはるかに超えた早い速度で到来しているなと実感しています。アンコールに弾かれたガーシュインのアイガットリズムが、またホントにかっこよかったです!

11月23日埼玉県春日部市での演奏会です。
関西フィル定期の批評が音楽の友8月号に掲載されました。
松村禎三ピアノ協奏曲第1番のライブCDが2022年7月に発売
第21回佐治敬三賞を受賞した演奏会のライブ録音です。
2022年5月発売
2022年5月発売
関西フィル定期 大阪ザシンフォニーホール
当日ゲネプロ
藤岡氏インスタ
藤岡氏ツイート

■昨日の松村禎三作ピアノ協奏曲1番を聴いて、源氏物語の六条御息所の一段を思い出してた。渡辺康雄さんのピアノも関西フィルさんのオケも、藤岡幸夫さんの指揮も、全てが、渾然一体となって、刺さって来た。美しい演奏でした。

///

■今日は #関西フィル の第329回定期。#渡邉康雄 氏のすっと背を伸ばして演奏する姿が美しく。真っ直ぐ、思慮深く、誠実。彼のピアノへの向き合い方を感じる素晴らしい演奏だった。

///

■関西フィル前半終わり松村禎三ピアノ協奏曲第1番ピアノ渡邉康雄そんなに演奏会に行ってるわけじゃないけど、今年上期1番衝撃的な演奏

///

■前半の松村禎三 ピアノ協奏曲第一番 正直、この演奏会の目当てはラフマニノフ交響曲第3番でしたので、ノーマークでした😣

冒頭は渡邉康雄さんがソロで弾き出すのですが、独特の世界観に30分間終わるまで惹き込まれました。途中オーケストラがトゥッティで強奏する所はとても素晴らしく(ティンパニ中山さん格好良かった!!)、ミニマル音楽の如く同じ音形をウネウネと演奏しながら変化していく様は圧巻です。最後は冒頭のソロが戻っていく辺りなど、感動して涙が出ました。日本人作曲家でこんな素晴らしい作曲家が居たのかと…

まだまだ知らない作曲家は居ります。こういう素敵な出会いを作ってくれた藤岡幸夫さん、関西フィル、渡邉康雄さんには感謝しかありません👍

6月11日に関西フィル定期で松村禎三ピアノ協奏曲第1番を弾きます。